カードローンを利用する時は在籍確認がある

カードローンを利用する場合、申し込みの後に審査が行われます。審査ではその人に融資しても良いかどうかが判断され、様々なポイントでチェックされます。その最終段階にあるのが在籍確認で、それを突破する事が出来れば後は契約、融資となっています。従来、在籍確認では申告した職場の方に電話が掛けられていました。勿論金融機関の名前を出す事は無く、担当者の個人名なので、その電話からカードローンを利用しようという事が直接的に誰かに知られてしまう事は有りません。またその電話には本人は出る必要は無く、ただ単に申告した職場に在籍している事が分かれば良くなっています。さらに、現在では他の方法でも在籍確認を行う所が出てきています。その一つの方法が書類を提出する方法です。在籍確認は電話で行わなければいけないと言うルールは無く、他の方法でも職場に在籍している事を確認する事が出来れば何ら問題は有りません。

給与明細など職場の名前が出ている物をスマートフォンのカメラで撮影し、それを送信するだけでも良い場合があります。この方法であれば、職場に直接電話がかかってくる事無く在籍確認を終了する事が出来るようになります。電話がかかってくる事によって周りの人に怪しまれてしまうのではないかと言う心配もなく、審査を終える事が出来る方法です。ただ書類をスマートフォンで撮影する場合、画像に不鮮明な点があり文字が解析できないと、再提出となってしまう事も少なくありません。その分審査に時間を要してしまう事になるので、画像は鮮明な物を送る様にします。ただ、この方法であれば職場が休みの時でも在籍確認が出来ると言うメリットも有ります。カードローンを利用する場合は、在籍確認を行う事になりますが、全ての所で同じ方法で行われているわけでは有りません。実際に自分が希望する方法がある場合は、その方法を行っているかを予め調べ、自分の希望する方法で在籍確認を行っている金融機関に申込みをする事になります。