カードローンの金利比較の重要性とは

衝動買いをしてしまったり、飲みに行き過ぎる等して、ついついお金を使い過ぎるケースは珍しくありません。ですがその結果、生活費等のお金が不足した場合には、何とか穴埋めするお金を手に入れる必要があるのです。その際、以前までは、家族や友人といった身近な人にお金を借り、ピンチを乗り切る人が多くいました。ですが最近は、身近な人に借りるのではなく、カードローンを利用して借り入れする人が増えています。というのも一昔前までは、消費者金融等の貸金業者からお金を借りると、高過ぎる金利を取られたり、執拗な取り立てに遭うというダーティーなイメージがあったものです。ですが法規制が行われた事で、そういった悪質な貸金業者は激減した上に、カードローンの様な手軽に借り入れ可能なサービスが登場しました。その結果、現在では貸金業者だけでなく、銀行の様な金融機関もカードローンのサービスを行っていたりします。ただし悪質な貸金業者が激減したとはいえ、完全に消えた訳ではありません。なので違法に高い金利を取る業者を避けるためには、金利比較を行う必要があります。

比較を行えば、金利が高くて悪質な業者であるかどうかという見極めを行う事が可能です。それだけでなく、安い金利でお得に借り入れする事が出来ます。ただしカードローンの比較を行う際に注意が必要なのは、4.5パーセントから14パーセントといった具合に、かなり大きな幅で表記されているケースがほとんどな点です。こんな風に大きな幅で書かれてしまう理由ですが、実の所、金利というのは借り入れする金額の大きさによって変化するためだったりします。しかも利息制限法という法律により、10万円未満の場合は20パーセント、10万円から100万円以内ならば18パーセント、100万円以上なら15パーセントとそれぞれ上限が決まっているのです。なので悪質業者でない場合は、この利息制限の範囲内できちんと設定されている上に、借り入れ金額が多い程に、金利が低くなる可能性が高かったりします。なので借り入れ金額が少ない場合は大きい数字を参考にし、逆に金額が多い場合は少ない数字を参考にすべきです。