カードローンとは無担保で借金ができるサービス

カードローンとは無担保でお金を貸してもらうことができるサービスのことであり、ローン用のカードが発行されてそれでお金を借りることからカードローンと呼ばれています。ただし、最近ではカードを発行しないでネット上から振込の手続きをしたり返済のときにも自動引落や、ネット上から返済をすることができる仕組みが整っている業者も多いため、必ずしもカードを発行するとは限りませんが名前だけは昔からの名残でカードローンとなっていることが多くなっています。よく似たサービスとしてキャッシングがありますが、このふたつの違いは返済方法の違いでありカードローンは分割返済、キャッシングは一括返済となっています。

しかし、最近はキャッシングでも分割払いが可能な物が増えてきて実質両者の違いはないといえる状態です。通常お金を借りるときというのは担保が必要になり、銀行などから融資を受ける場合には担保を差し出すことになります。例えば家や車を購入するときには、それ自体が担保となり返済をすることができなければそれらのものを取られてしまうことになります。カードローンというのは完全に信用だけでお金を借りることができるので、資産となるものが一切なくてもお金を貸してもらうことができます。ただし、全くのデメリットがなく無担保でお金を借りることができるというわけではなく、金利が高めであったり借りることができる金額が低めというデメリットがあります。無担保で貸すのであれば業者側からすれば貸し倒れをした時に丸損となってしまいますから、そのようなことにならないように金利を高めにして少しでも回収を早くしようとするため、担保のある銀行からの借入などから比べればはるかに高い金利が発生することがあります。また、相手の信用によってお金を貸すわけですから収入の少ない人は、大きなお金を貸せば貸し倒れのリスクが大きいので信用の低い人は大金を借りることができないという欠点があります。